女性転職 | 成功するためのコツ

*

女性の譲れない条件は多いのが当たり前?!

   

①譲れない条件を絞りこもう
 転職を成功させる為にはいくつかのポイントがありますが、今回はその中でも転職活動をスムーズに進める上で大切な「譲れない条件」についてをお話していきますね。

 女性が働きやすい時代になったと言えども、結婚や出産などがネックになっている場合も少なくありません。その為「働ける場所を確保しておきたい」という気持ちから、受かりそうな業種や職種を片っ端から受けてみたり、また自分の希望とは反した会社であっても妥協せざる負えない状況が多々見受けられます。

 …が。これでは「転職成功」とは呼べません。自分の希望と少なからずとも6~7割程度はマッチしている企業への転職を成功させたいもの。少ないチャンスを物にするためにはまず「自分にとっての譲れない条件」をピックアップしていきましょう。

・なぜ「譲れない条件」をピックアップする必要があるのか?
 働けるならどこでも良い…。こういう考えではイザ入社した時、後悔する確率が非常に高く離職率も同じく高い傾向にあるんです。中には結婚しており長い時間働けない方や、お子さんが居て土日は働けない、という方もいらっしゃるでしょう。その為自分の生活スタイルに合った働き方を選択する必要が出てくるのです。希望の職種であっても、条件で折り合いが付かなければ長く働く事は難しくなってしまうのです。

 「譲れない条件」は人それぞれ。あなたの生活スタイルに合わせて、譲れない条件をピックアップしていく事でより長く務める事が出来る会社や企業との出会いが多くなる事でしょう。

・だからと言ってわがままな条件では見つからない事も頭に入れておく事!
 じっくりと吟味し、仕事を探す為の「希望条件のピックアップ」。ですが、わがまますぎる条件であっても転職先が見つからなくなる可能性もありますので、ご注意を。

 土日休み、勤務時間は夕方5~6時まで…などの条件でのお仕事は割と見つけやすい傾向にありますが、細かな時間指定や休日の指定、給与の指定などが重なると求人数もグッと減ってきてしまいます。二兎追うものは一兎をも得ず、あれもこれもそれも、と条件を並べてしまうとせっかくの転職チャンスも無駄になり兼ねません。

 最低限の譲れない条件だけを頭に入れておき、その他の条件においては妥協する気持ちの余裕を持つ事が、転職成功への大切なポイントとなる事でしょう。

 - 転職活動前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
キーポイントは転職市場の状況把握

①日本の転職市場を知っておこう  女性の社会進出が進んできましたが反面、転職を成 …

no image
採用担当者に避けるべき質問とは?

【採用担当者に直接聞いてはいけない質問はある?】  皆さん、面接の最後に採用担当 …