女性転職 | 成功するためのコツ

*

女性の転職成功5つのポイント

 女性の社会進出の動きが政府主導で活発化していく気配が見えていますが、転職市場では既に女性の転職割合は過去に比べて上昇しています。

 これは女性の転職希望者を迎える市場や採用割合も上昇していることを意味しています。こうした中で今改めて、女性の転職希望者を応援する意味で、転職のポイント等について考えてみましょう。

転職の準備をしよう

 転職準備期にまず行っておきたいのは、女性専門の求人案件を扱っている「とらばーゆ」等の転職サイトへの登録です。

 多くの転職サイトでは、女性の転職環境や転職ノウハウ等の知識を得たり、就業する上での不安等の相談に乗ってもらえますから、比較的安心したムードの中で転職活動へ踏み切るためのひとつの条件となります。

【参考記事】
女性が転職するのなら計画が必要です
女性の転職に必要な企業研究とその方法について
女性の転職と転職市場価値について
転職したいなら転職活動期間について考えておこう!

様々な媒体から求人を探す

 先述したように求人情報は、女性専用の求人案件を扱っている転職サイトや人材紹介会社から得るのが効率的な転職活動を行う上で大切です。

 転職先が決まらないまま、あっという間に3ヶ月、半年・・・といったことは決して珍しくありません。こうしたことをできるだけ軽減するためにも、女性の転職支援の専門機関を活用することが必要なのです。

【参考記事】
女性の転職と仕事探しについての注意点とは・・・?!
女性が転職するときに利用する求人情報媒体について
女性がハローワークを利用するときの注意点について
女性も正規雇用・非正規雇用の違いを明確に理解し転職活動しよう!!

応募書類作成のコツ

 女性が転職する動機は少し複雑です。一つの会社で長く働きたい。その為の会社を見つけるために転職する、といったものです。

 しかしそれをそのまま応募書類の一である履歴書の志望動機欄に書くのは得策ではありません。また転職するのではないか、と思われてしまうのがオチだからです。

 このことも含めて、転職サイトなどから書き方についてレクチャーを受けましょう。

【参考記事】
採用担当は女性の履歴書のここを見ている!
女性の職務経歴書 見られるポイントって?!
女性の応募書類 悩んだ時の解決方法

面接の対策

 面接では、未婚者であれば結婚の予定や、出産後の仕事に対する考え方、育児休業の考え方等プライバシーに反したり、セクハラかと思える質問がでてくることも想定しなければなりません。

 採用側としてみれば、常態として執務できる女性を求めたい気持ちは分かります。

 しかし、それは無理なこと、でもあるのです。多くの面接官はそれは理解していますが、知りたいことでもあるのです。こういった質問にどう対応したらいいのでしょうか。その際の受け答えが肝心になってきます。

 例えば「正直申し上げまして、これから先のことは分かりません。ですが御社で働きたいという気持ちは、少なくとも今回ご応募されている方には負けないと思っています。」等と、直球勝負でなく、交わしてしまうこともひとつの方法です。

【参考記事】
女性が面接を受ける時に求められるマナー
女性の転職に必要な面接対策とは
女性が面接でやってしまいがちな失敗例って?!
圧迫面接を乗り切るために知っておきたい“意図”と“事例”と“心構え”

退職と入社の準備

 「セクハラ」、「マタハラ」、「昇給・昇格・昇進等の女性差別」等、女性を巡る職場環境は男性と比べて澱んた空気が漂っているようです。とはいえ、退職するときは「最後だから」と思い切って、有給を全消化して海外旅行にいってしまうこと等ないよう、必要な引継ぎや挨拶は済ませたいものです。

 入社準備に際しては、華美が化粧や服装は避け、リクルートスーツでとまではいいませんが、清楚な身なりを拵えて初出勤するよう心掛ける期間に使いましょう。

【参考記事】
女性が転職するのなら・・・円満退職しよう
女性の転職と入社手続きについての注意事項って?!
女性の転職と入社チェックポイント
辞める前に有給をまとめて取ったら会社に迷惑?

公開日:
最終更新日:2015/12/02