女性転職 | 成功するためのコツ

*

転職時に必要なビジネスマナー

   

転職時に必要なビジネスマナーとは?

 転職にはビジネスマナーが欠かせません。企業に対する就職活動では様々な場面にて見られています。そのため、少しでもビジネスマナーに欠けていると、採用担当者の印象は悪くなり不合格となる可能性が高くなってしまうのです。ビジネスマナーは応募時の電話から見られています。例えば電話にて正しい言動が取られていなければ、採用活動をしている企業だとしてもその時点で断られてしまうかもしれません。

 また、応募書類を送付する際には添え状を同封するのが常識となっていますが、ただ履歴書だけを送付してしまうのもよくありません。また、実際の面接時でもビジネスマナーは必要です。アルバイトの面接などは構わないかもしれませんが、正社員としての面接ではスーツが基本です。そこで私服で行ってしまうと、よっぽど面接が良かったとしても不合格となる可能性が高くなります。就職にはこういったビジネスマナーがないと、成功することが難しくなるのです。

非常識な行動の例

 ビジネスマナーがないと就職を成功させるのが厳しいです。そこで、非常識な行動の例を紹介します。就職活動においては、まず応募先企業にアポイントを取ってから書類を送るなり面接を受けたりします。しかし、何も連絡を行わずにいきなり企業を訪ねることは非常識となります。

 企業としてもいきなり来られても対応しかねますし、印象も悪くなります。連絡が繋がらないなどの仕方のない事情があるときを除いては、事前に連絡してから伺うのが基本です。また、企業での面接の際はいつどこで見られているかわからないため、自宅に帰るまでは面接の気持ちでいたほうが良いです。

 ただ、なかには面接だけが大事と考えている人がいます。例えば企業の受付での対応が悪く、担当者が来るまでまるで遊びに来たかのような態度を取っていると、ほぼ間違いなく採用されません。携帯電話で話している、ソファに寝転がっていたりは論外となります。こういった行動は社会人の目から見ると非常識な行動と取られてしまい、就職活動においてとても不利になります。もし今の時点でこういったマナーを知らないのであれば、転職を成功させるためにも勉強しておきましょう。

 - 転職時のマナーと手続き

  関連記事

no image
退職までのスケジュール管理のコツを紹介

①退職までのスケジュール管理のコツとは?  転職先も決まり、上司に報告する事が出 …

no image
添え状の役割と書き方

書類を送付するときは添え状も一緒に送付しよう  転職のために応募書類を送付するな …